Entries

閉校式のお知らせ

平成28年2月27日(土)
野蒜小学校閉校式
8:30~小野地区体育館
12:00~旧野蒜小校舎

プログラム

続きを読む

みんなの会 卒業・進級を祝う会

2月19日(金)に鳴瀬桜華小学校を会場に,みんなの会(鳴瀬未来中学校区特別支援学級の会)の「卒業・進級を祝う会」がありました。第1部は,グループごとにお祝いのケーキ作りをしました。友だち同士交代しながら,クリームを塗ったり,イチゴなどのフルーツを飾ったりして,とてもきれいなケーキができあがり,おいしく頂きました。みんな笑顔満開で,大満足でした。
第2部は,「祝う会」で卒業生3人の思い出や今後の抱負などの発表がありました。その後,進級する子供たちが,できるようになったことや劇の発表をしました。野蒜小学校のわかば学級の5人は,縄跳びと掛け算九九,鍵盤ハーモニカ奏,ローマ字の読み書き,リコーダー奏,朗読を発表しました。堂々とした発表に,いちょうの会の皆さんや校長先生方,福祉協議会の会長さん,それにおうちの方々から大きな拍手を頂きました。大きな自信をなったので,新しい学年でも更に頑張ることでしょう。
はじめの会 ケーキ作り
ケーキ 会食
できるようになったよ わかば全員集合



小野保育所のみなさんと交流しました

2月
16日(火)は,小野保育所の年長組のお子さんたちを招いて,「花まる学校交流会」を行いました。
生活科の「もうすぐ2年生」の学習の初めに,「4月に新しい1年生が入学してきたら,どんなことをしてあげたい?」と問いかけたところ,「一緒に遊んであげたい」とか「勉強を教えてあげたい」,「学校を探検して紹介してあげたい」といった素敵な意見がたくさん出てきました。さらに「優しく声を掛けてあげたい!」「自分から挨拶してお手本を見せたい!!」などという先輩らしい発言もあって,驚きました。交流会の内容を1年生みんなで話し合い,それぞれ自分が担当する係を決め,学校紹介や勉強クイズ,楽しいゲームと昔の遊びの準備と進行を務めました。
交流会当日,緊張した表情で入ってきた保育所のお子さんたちも,一緒に遊びを楽しむ中で次第に和やかな雰囲気になり,最後にはにこにこの笑顔で帰っていきました。1年生たちも,頑張って準備したり練習したりしたことが交流会の成功につながり,達成感を味わうことができたようでした。一足先に,お兄さんお姉さんになったかのような姿が見られ,また成長を感じることができた1日でした。
進行 交流1
交流2 交流3

宮野森小学校校歌お披露目会

2月12日(金),東松島市コミュニティセンターにおいて,宮野森小学校の校歌お披露目会がありました。
統合準備委員会で検討し,歌手の加藤登紀子さんに作詞,作曲をお願いすることになり,この度完成となりました。アファンの森財団のC.Wニコルさんにはアドバイザーになって頂きました。
校歌のタイトルは「森はともだち」です。多くの報道陣に囲まれ,最初は緊張していた子供たちでした。学校でも練習を重ねてきたかいがあって,歌う度に上手になっていきました。加藤登紀子さんからも「すばらしい!」と褒めていただきました。
開校に向けて大きな一歩を踏み出しました。
加藤登紀子さん,C.Wニコルさん,すてき校歌をありがとうございます。
背伸び 登紀子さん指導
登紀子さんと一緒 御礼の言葉
花束贈呈 全員集合



日本盲導犬協会から御礼状が来ました。

 3年生の国語で「盲導犬の訓練」を学習しました。その発展学習で実際に盲導犬やユーザーの方にお話を伺いました。1月18日(月)にいらっしゃることが決定したので,3年生で自分たちにできることをしようと「盲導犬協力キャンペーン」に取り組み,全校の皆さんから書き損じはがきや使っていない切手を集めました。全校で,380枚のはがきと切手1枚と募金が集まりました。1月18日の雪の中,盲導犬協会の方々が来校し,目の不自由の方にお会いしたときにどのように接したらよいのかを中心にお話を伺いました。そして,全校で集めたはがきなどをお渡ししました。早速,お礼状が届きました。本当にご協力ありがとうございました。
盲導犬の学習 白杖体験御礼状