Entries

元気とどけ隊(6年生による野蒜復興太鼓慰問演奏) ~その1~

①和太鼓を叩くことによってストレスを解消し,一緒に演奏する児童間の仲間意識を高める。
②演奏を通じて地域に元気を発信し,復興に貢献させることを通して震災に負けない強い野蒜っ子を育てる。

 特に②は震災後,野蒜小学校で全校児童による和太鼓活動に取り組んでいる最大のねらいです。このねらいを具現化した活動が,昨年度よりスタートした6年生の“元気とどけ隊”による,仮設住宅での慰問演奏です。野蒜地区出身の世帯が多い地区を会場とし,昨年度は大塩グリーンタウンと響工業団地の仮設住宅,そして今年度は牛網地区仮設住宅と多くの野蒜地区民が戻ってきつつある新東名地区(旧野蒜小学区)での慰問演奏を行います。
今日は,牛網地区仮設住宅で31人の6年生が野蒜復興太鼓を演奏してきました。
演奏前に“気合い入れ” ②説明_R
   演奏前に気合いを入れる6年生たち          お客様に復興太鼓について説明

③演奏開始_R ④演奏中_R 
     秋空に響き渡る復興太鼓           牛網集会場前の道路をお借りしての演奏           

⑤演奏終了_R ⑥演奏後_R
感動して涙を流すお客さまもいらっしゃいました    今日もまた元気を届けた6年生たちの“いい顔”

次回は10月31日(木)新東名地区での演奏の様子を御紹介します。お楽しみに。